• by Scrum Ventures

    最新シリコンバレー動向を1時間で把握しませんか?

  • Catch Up on the Latest Silicon Valley Trends!

    Next Tackle! on 3/11 JST & 3/10 PST

    Tackle! は、サンフランシスコと東京に拠点を持つ「スクラムベンチャーズ」が主催する、シリコンバレーの最新動向をキャッチアップするためのインタラクティブな勉強会です。

     

    次回のTackle!では、AIとロボットによるサプライチェーンDXを推進する「Fellow AI」と自動運転シャトルを開発する「May Mobility」のCEOをスペシャルゲストにお招きして、インタビューセッション形式で進行します。同時通訳付きですので、英語でも日本語でもご視聴いただけます。参加無料(要事前登録)です。オンライン日米同時開催ですので、みなさまお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

    • 日時: 3/11 (木) 8:00AM - 9:30AM(日本時間)/ 3/10 (水) 3:00PM - 4:30PM(太平洋時間)
    • 料金 : 無料(要事前登録)
    • 場所 : オンライン(Zoom Webinarにて開催)

    ※開始10分前に開場します。ゆとりをもって入室ください。
    ※主な対象は大手企業の投資 / 新規事業 / 海外事業の担当の方です。同業者、ベンチャー企業、営業目的の方のご参加はお控え下さい。

  • プログラム

    【Session 1】AIとロボットでサプライチェーンのDXを推進する「Fellow AI」

    AIとロボティクスを活用し、在庫管理、倉庫監視、施設マッピングなどにおいてDXを推進する「Fellow AI」のCEO / Co-founder Marco Mascorro 氏をゲストに招き、サプライチェーンにおけるAIやロボット活用の最新動向についてお話をお聞きします。Fellow AIの技術は、米ホームセンター大手のLowe’sでも活用されている他、昨年Yahoo! Japanの米国現地法人Actapio(アクタピオ)との開発契約を締結し、Actapioのデータセンターでも活用されています。

     

    関連記事: Fellow AI signs robotics deployment contract with datacenter leader Actapio, a subsidiary of Yahoo Japan [CISION]

     

    [登壇者] Marco Mascorro | Co-Founder/CEO at Fellow AI
    [モデレーター] Ryan Mendoza | Scrum Ventures Partner

     

    [About Fellow AI]
    AIとロボティクスを活用し、サプライチェーンとインベントリーマネジメントにおけるDXを推進。フルフィルメントセンター、倉庫、工場、データセンターなどで活用されている。トヨタ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、Lowe's、Actapio(ヤフージャパン)などの世界中の大手企業と協業。シリコンバレーのVCの他、インターネット大手Tencentやシンギュラリティ大学などから出資を受けている。

    【Session 2】自動運転車の最前線!27万回の運行実績を持つ自動運転シャトル「May Mobility」

    自動運転シャトルを開発するMay MobilityのCEO / Co-founder Edwin Olson氏をゲストに招き、米国ミシガン州デトロイトでの運行、東広島市での実証実験の舞台裏についてお話をお聞きします。今後自動運転が普及する上での課題や、日米での自動運転を取り巻く環境の違いなど、自動運転の最前線に加え、トヨタからの出資、MONET Technologiesとのパートナーシップなど、日本企業とのビジネスについてもお聞きする予定です。

    関連記事: 自動運転シャトルで小売店へ送迎と宅配、東広島市で実証実験へ [アスキー]

     

    [登壇者] Edwin Olson | Co-Founder/CEO at May Mobility
    [モデレーター] Michael Proman | Scrum Ventures Managing Director

     

    [About May Mobility]
    自動運転車技術開発のリーディング企業。既存の公共交通機関を補完する安全で効率的かつサスティナブルなシャトルソリューションを提供している。ミシガン州のデトロイトおよびグランドラピッド、ロードアイランド州プロビデンスでパイロット運行をスタートしており、運行実績は27万回超。2021年には東広島市でも実証実験が予定されている。自動運転システムを進化させると共に、交通機関をより身近で安心安全なものとし、渋滞や公害を減らすことで、緑豊かで人々が住みやすい世界の実現を目指す。

  • 登壇者プロフィール

    Marco Mascorro

    Co-Founder/CEO at Fellow AI

    Fellow AIの共同創業者兼CEO。Fellow AI以前は、NASAリサーチパークのシンギュラリティ大学のイノベーションラボでディレクターを務める。それ以前は、金沢工業大学で高度な自律型ロボットの研究に従事。フォーブス誌の「the 30 under 30」、MITの「35 under 35 innovator」に選出された。ロボット工学、AI、自動化の分野で7件以上の特許を保有している。

    Edwin Olson

    Co-Founder/CEO at May Mobility

    世界中の渋滞や公害を減らす自動運転車のソリューションを提供するMay Mobilityの共同設立者兼CEO。フォード・モーター、トヨタ・リサーチ・インスティテュートのプログラムをリードするなど、十数年にわたり自動運転技術の開発に携わる。2007年にはアメリカ国防総省が管轄する国防高等研究計画局(DARPA)が主催する自動運転車開発「Urban Challenge」にも参加。DARPA Young Faculty Award受賞。2010年のMAGIC robotics competition優勝、2012年にはPopular Scienceの"Brilliant 10"に選出、2019年には、Ernst and Youngによるミシガン州と北西オハイオ州の “Entrepreneur of the Year” に選出された。MIT(マサチューセッツ工科大学)にて電気工学、コンピューターサイエンスPhD取得。ミシガン大学のコンピューターサイエンス教授を務める。

    Ryan Mendoza

    Scrum Ventures Partner

    米国におけるアーリーステージ企業のソーシングおよび投資を担当。スクラム参画以前は、ペンシルバニア大学によるアクセラレーターPCI Venturesで、大学で開発された技術をベースにしたスタートアップの支援を行う。また材料科学のスタートアップに初期メンバーとして参画した経験や、自身が設立したエンジェル投資グループでの投資経験を持つ。ペンシルバニア大学電気電子工学修士。

    Michael Proman

    Scrum Ventures Managing Director

    スタジオ事業のマネージング・ディレクター。次世代のスポーツ・ビジネスを創出するアクセラレーション・プログラム「SPORTS TECH TOKYO(スポーツテック東京)」責任者を務める。それ以前は、米コカ・コーラ、ならびに全米バスケットボール協会(NBA)にてグローバルマーケティングを担当。その後、スポーツ&イベントチケットプラットフォームのOptionItを創業、fancamなど複数のアーリーステージスタートアップに参画、M&Aを経験した。アマースト大学卒。

  • Next Tackle!

    オンライン開催日時

    ●日時

    3/11 (木) 8:00AM - 9:30AM(日本時間)

    3/10 (水) 3:00PM - 4:30PM(太平洋時間)
    ●料金 : 無料(要事前登録)
    ●場所 : オンライン(Zoom Webinarにて開催)

     

    >> お申し込みはこちらから <<

     

    ※開始10分前に開場します。ゆとりをもって入室ください
    ※主な対象は大手企業の投資 / 新規事業 / 海外事業の担当の方です。同業者、ベンチャー企業、営業目的の方のご参加はお控え下さい。

  • [English]
    Catch Up on the Latest Silicon Valley Trends!

    Next Tackle! on 3/11 JST & 3/10 PST

    Tackle!, hosted by Scrum Ventures, is a roundtable event that discusses Silicon Valley trends and innovations.

     

    Our guests for the upcoming Tackle! session are Marco Mascorro, the CEO and co-founder of Fellow AI, and Edwin Olson, the CEO and co-founder of May Mobility. The roundtable will be conducted in English with simultaneous Japanese interpretation for our Japanese audience. The event is free, so we hope you will join us.

    • Date: 3/10 3:00 - 4:30 PM PST

    • Fee: Free (Registration is required)

    • Location: Online (Zoom)

    *The Zoom session will open 10 mins before the event starts.

    *We encourage anyone interested in innovation to join but we prohibit any sales of products and services during the event.

  • Program

    【Session 1】The Role of AI and Robotics in Supply Chain Management Automation「Fellow AI」

    Our guest Marco Mascorro from Fellow AI will talk about the latest trends in how AI and robotics are changing the supply chain. As the co-founder and CEO of Fellow AI, Marco has provided multiple digital solutions, such as automation in supply chain management and inventory optimization through computer vision. Fellow AI currently provides its technologies to companies such as Lowe’s and Actapio (a Yahoo! Japan subsidiary operating in the US).

     

    Related Article: Fellow AI signs robotics deployment contract with datacenter leader Actapio, a subsidiary of Yahoo Japan [CISION]

     

    [Speaker] Marco Mascorro | CEO and co-founder of Fellow AI
    [Moderator] Ryan Mendoza | Partner, Scrum Ventures

     

    [About Fellow AI]

    Fellow AI is a Silicon Valley-based company disrupting the supply chain automation of fulfillment, asset visibility and inventory management with the use of AI and robotics. Fellow AI works with some of the largest companies in the world like Toyota, Johnson & Johnson, Lowe's, Actapio (Yahoo Japan) among others, and is a venture backed by investors, Internet giant Tencent, and one of the world's largest OEMs.

    【Session 2】The Future of Autonomous Vehicles: What Was Learned With More Than 270K Autonomous Trips「May Mobility」

    Our guest Edwin Olson from May Mobility will share the progress of projects currently taking place in Detroit and Hiroshima. While the main focus of the session will be the future autonomous vehicles, autonomous vehicle innovation in Japan will be discussed. May Mobility has recently received funding from Toyota and has established a partnership with MONET Technology (Softbank and Toyota’s joint venture project).

     

    Related Article: May Mobility Establishes Autonomous Shuttle Operation In Japan [Auto Futures]

     

    [Speaker] Edwin Olson | CEO and co-founder at May Mobility
    [Moderator] Michael Proman | Managing Director, Scrum Ventures

     

    [About May Mobility]

    May Mobility is a leader in autonomous vehicle technology development and deployment. With more than 270,000 autonomous rides to date, May Mobility is committed to delivering safe, efficient and sustainable shuttle solutions designed to complement today’s public transportation options. The company’s ultimate goal is to realize a world where self-driving systems make transportation more accessible and reliable, the roads safer, and encourage better land use in order to foster more green, vibrant, and livable spaces. For more information, visit maymobility.com.

  • Speakers Profile

    Marco Mascorro

    CEO and co-founder at Fellow AI

    Marco Mascorro is the CEO and co-founder of Fellow AI. He is an AI and Robotics entrepreneur, former director of the Innovation Lab at Singularity University at NASA Research Park, previously worked at BMW and at the Kanazawa Institue of Technolgy in Japan on advanced autonomous robots. He was named by Forbes under the 30 under 30 list and by MIT under the 35 under 35 innovator list. He holds more than 7 patents in robotics, AI, and automation.

    Edwin Olson

    CEO and co-founder at May Mobility

    Edwin Olson is co-founder and CEO of May Mobility, Inc. Olson has focused on the development of autonomous vehicles for over a decade, including work on the 2007 DARPA Urban Challenge in addition to leading programs for both Ford Motor Company and the Toyota Research Institute. He was awarded a DARPA Young Faculty Award, named one of Popular Science's "Brilliant 10" in 2012, and was the winner of the 2010 MAGIC robotics competition. In 2019, he was named "Entrepreneur of the Year" in the Michigan and Northwest Ohio region by Ernst and Young. Under his leadership, May Mobility was named one of Fast Company’s Most Innovative Companies in 2019.

    Ryan Mendoza

    Partner, Scrum Ventures

    Ryan has been involved in entrepreneurship and startups for 10 years in various capacities. He has led investments in companies across various industries including IoT, blockchain, SaaS, retail tech, and robotics. Prior to Scrum, Ryan worked at a university accelerator called PCI Ventures where he was in charge of spinning out companies based on technology developed at the Univerisity of Pennsylvania. Roles to that he was the third employee and co-inventor of the technology at a material science startup, an engineer at Lockheed Martin, and an investor and founder at an angel investment group. Ryan holds a B.S. and M.S. in Electircal Engineering from the University of Southern California and the University of Pennsylvania.

    Michael Proman

    Managing Director, Scrum Ventures

    Working with large multinational companies as well as starting new ventures, Michael’s diverse experience and deep industry relationships have been a hallmark of his nearly 20 year career. Michael worked in global marketing and development capacities at Coca-Cola and the National Basketball Association prior to starting (and ultimately exiting) his initial startup, OptionIt. Through additional roles in the early-stage space, Michael helped lead multiple startups to acquisitions and continues to play an active role in mentoring and advising founders across multiple industries. Michael is a graduate of Amherst College and makes his home in Minneapolis.

  • 開催日程をメールでお届け

    Tackle!の次回開催が決まりましたらメールでご連絡いたします。合わせて米国のスタートアップトレンド、テック関連の情報のメールニュースをお届けします。

  • Tackle!動画

    大企業とスタートアップをつなぐオンラインプラットフォーム Scrum Connect Online にて、Tackle!の2019年以降の動画を公開しています。社内研修動画としてもご活用いただけます。

    Scrum Connect Onlineについて詳しくはこちらのウェブサイトをご覧ください。

  • Event Values

    Well-Curated Info

    厳選された情報をお届け!

    スクラムベンチャー代表の宮田が海外テック情報の中から、最低限知っておきたい情報をピックアップしてお伝えします。

    Just an Hour

    1時間!

    約1時間の内にシリコンバレー関連情報をコンパクトにまとめて、皆様が短時間でキャッチアップできる場です。

    Interactive

    インタラクティブ!

    参加型の勉強会なので、積極的にディスカッションに関わっていただきます。勉強会の後にはネットワーキングの時間を設けています。

  • よくあるご質問

     

    Q. 資料はもらえますか?

    A. イベント終了後にPDFファイルをお届けします。

     

    Q. 過去開催の動画や資料をみることはできますか?
    A. Scrum Connect Onlineで過去動画と資料閲覧が可能です。Scrum Connect Onlineについて、詳しくはウェブページをご覧ください。

    - Scrum Connect Online https://scrum.vc/ja/connect/

     

    Q. 次回の開催はいつですか?
    A. Tackle!の次回開催が決まりましたらメールでご連絡いたします。

    Tackle!のウェブサイトよりご登録ください。

    - Tackle! https://www.tackle.jp/#mailnews
     

    Q. 領収証は発行できますか?

    A. イベントレジスト・イベントブライトより発行可能です。

     

    Q. 代理参加は可能ですか?

    A. 可能です。代理の方のお名前・メールアドレスを別途ご連絡ください。

     

  • Attendee's Voice

    シリコンバレーの生の情報を日本で得られる機会はそうないので、とても有意義でした

    (男性 / メーカー)

    AIについて議論の場を提供していただけたのがとてもよかったです

    (女性 / 携帯キャリア)

    ザッカーバーグのpostなど掘り下げて彼らがどんな未来を描いているのか、という深堀りした議論はとても参加した意味がありました

    (男性 / SI)

    ライフスタイルに投資しているという言葉が印象に残りました。事実を知るのみでなく想像力・創造力にアクセスできる良い機会と感じました。

    (男性 / 商社)

    最新トレンド情報だけでなく、同じ事項でも宮田さんの視点からの深い考察が、わかりやすくとても参考になっています。

    (男性 / メーカー)

    新しい技術、そして世の中の将来を予測する上で、大変参考になりました。また、ネットワーキングの機会も大変有益でした。

    (男性 / 商社)

    初めての出席でしたが、現在のTrendが良く理解できました。また出席者のご意見を通して、日本企業のスタンスも理解出来てたいへん勉強になりました。

    (男性 / メーカー)

    自社のスコープ以外のトレンドを勉強できるため非常に有意義。自分の知見を広げるという意味では最も効率的な会だと思います。

     

    (男性 / 金融)

  • Event History

    スクラムベンチャー代表の宮田は、TechCrunch Tokyo、G1 Ventureなど多数のイベント、丸井グループ、東京ガス、トヨタなどの企業研修で、最新のシリコンバレー&スタートアップのトレンド、米国での投資などについて講演しております。

  • Who We Are

    スクラムベンチャーズは、数多くのイノベーションが起こり続けるシリコンバレーと東京を拠点とし、新しい技術やサービスで世界を変えるアーリーステージのスタートアップに投資を実行しています。大企業のオープンイノベーションを支援するスタジオ事業では、各業界を代表する大企業パートナーと共に、アクセラレータープログラム、共同事業創造などを行っています。また大企業とスタートアップをつなぐオンラインプラットフォーム「Scrum Connect Online」も提供しています。スクラムベンチャーズは、日本企業と世界中のスタートアップとの新たな事業、価値創造をドライブします。

  • Connect With Us

    Facebook

    Website